トップページ » 来院者利用ガイド » 各診療科・部等紹介について

周産母子センター部


診療科長・部等の長名

 
教授:銘苅 桂子  MEKARU Keiko
              

診療科・部等の独自HP

 
URL:http://www.ryukyu-obgyn.jp/
 

診療科・部等の紹介

 
<周産期部門>
年間分娩数約350件、入院患者として年間約250例の産科疾患例、250例の合併症妊娠例、30例の胎児疾患例の診療を行っています。
<生殖・内分泌部門>
年間約400周期の体外受精を行い、移植あたり妊娠率は全年齢の平均が35%と、非常に良好な成績です。それぞれの不妊原因、体調にあわせ、患者さんの希望によりそった治療を行っています。
<新生児部門>
年間超/極低出生体重児 20例以上、新生児人工換気症例 30例以上、新生児外科疾患 6例以上を診療。脳保護療法や体外循環による臓器代替療法を含めた集中治療をおこなっています。