トップページ » 来院者利用ガイド » 各診療科・部等紹介について

第一内科


診療科長・部等の長名

 
藤田 次郎  FUJITA Jiro
              

診療科・部等の独自HP

 
URL:http://www.ryukyu-med1.com/index.jsp
 

主な対象疾患

 
1. 呼吸器疾患(肺癌、間質性肺炎、COPD、気管支喘息、胸膜疾患ほか)
2. 感染症(HIV、新型コロナウイルス感染症、輸入感染症および感染症全般)
3. ウイルス性肝炎、自己免疫性肝炎、生活習慣関連肝疾患、肝移植関連
4. 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)、消化器がん(内視鏡治療、化学療法)
 

診療科・部等の紹介

 
 呼吸器グループは「呼吸器疾患のジェネラリスト」を目指して様々な疾患の診療に携わっております。肺癌、間質性肺炎、COPDといった一般的な疾患からリンパ脈管筋腫症、移植後GVHDといった稀な疾患まで幅広く診療しております。また気管支内視鏡においても診断のための生検以外に気管支充填術やステント挿入術(呼吸器外科と協力)といった内視鏡を用いた治療も積極的に行っています。
 感染症診療ではエイズ診療中核拠点病院として質の高いHIV診療を行っています。また国立大学病院では珍しい第一種、二種感染症病床と結核病床を有しており沖縄県における感染症診療の中核をになっております。
 消化器グループは消化管(食道、胃、小腸、大腸)、肝臓、膵臓、胆嚢とお腹の疾患を中心に診療を行っております。がん診療連携拠点病院という立場から、消化器がんに対しては内視鏡治療から(放射線)化学療法まで幅広く診療しております。また肝疾患診療連携拠点病院として沖縄県内の肝臓病診療の特徴を把握し患者さんへ情報提供するなど、多くの活動を行っています。さらに2019年度から当施設で可能になった肝臓移植診療に関しても、肝臓内科の立場から外科と協力しながら診療に取り組んでおります。
 

特色・得意分野

 
1.肺癌診療(沖縄県がん診療連携拠点病院、がんゲノム医療連携病院)
2.呼吸器内視鏡全般(日本呼吸器内視鏡学会認定施設)
3.HIV診療(エイズ診療中核拠点病院)
4.第一種、二種感染症指定医療機関(新型コロナウイルス感染症も含む)
5.炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)
6.早期消化管癌内視鏡治療
7.小腸カプセル内視鏡
8.肝移植関連
9.ウイルス性肝炎
 

診療実績

 
2020年度実績
・肺腫瘍による入院(延べ203件)
・肺腫瘍新規紹介(30件)
・HIV新規患者受け入れ(28件)
・新型コロナウイルス感染症(136件)
・新型コロナウイルス感染症(人工呼吸器症例)(30件)
・呼吸器内視鏡検査(169件)
・超音波気管支鏡ガイド下針生検(19件)
・早期癌粘膜下層剥離術(食道・胃・大腸)(33件)
・内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)(225件)
・小腸カプセル内視鏡検査(42件)
・シングルバルーン小腸内視鏡検査(40件)
 

専門外来

 
・HIV専門外来
・消化管疾患外来
・肝・胆膵疾患外来
・呼吸器疾患外来
 

診療日カレンダー

 
診療日についてはこちら