トップページ » 来院者利用ガイド » 各診療科・部等紹介について

眼科


診療科長・部等の長名

 
古泉 英貴  KOIZUMI Hideki
              

診療科・部等の独自HP

 
URL:http://ganka.skr.u-ryukyu.ac.jp/
 

主な対象疾患

 
網膜硝子体疾患(加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜剥離、網膜静脈閉塞症、黄斑前膜、黄斑円孔など)、緑内障、白内障、ぶどう膜炎、角膜疾患、神経眼科疾患、小児眼科疾患、未熟児網膜症
 

診療科・部等の紹介

 
 視覚から入る情報は実に80%にも及ぶと言われており、視機能の低下は生活の質(QOL:Quality of life)の低下に直結します。当科は、高度な視機能の低下からくるQOLの低下を防ぎ、その人らしく生活できるように最良の治療を提供することを目指しています。
 眼科は視機能を脅かす疾患が多岐にわたりますが、当科は緊急性の高い網膜硝子体疾患や、有病率の高い緑内障などの診療を得意としています。最先端の医療機器を配備し、地域の医療施設と連携しながらその患者さんにとって最良と考える医療を提供しています。また県内での治療を完結すべく、その他重篤な疾患に関しても専門外来を設け、地理的な面を克服するようにしております。
 

特色・得意分野

 
1.網膜硝子体疾患に関しては教授の専門であり、日本でも最先端の治療を提供しています。
2.最先端の医療機器を配備して適切な診断、治療を行い、今後の治療のエビデンスも創出しています。
3.緊急性の高い疾患に対しても、即日対応できる体制を整えています。
4.高い技術で難易度の高い手術もこなし、適切で安全な手術を行っています。
5.硝子体手術、難症例の白内障手術、緑内障手術を得意としています。
 

診療実績

 
2020年度実績
・増殖性硝子体網膜症手術(31件)
・硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)(407件)
・硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの)(133件)
・緑内障手術(濾過手術)(95件)
・緑内障手術(インプラント挿入術)プレートあり(4件)
・水晶体再建術(639件)
 

専門外来

 
・網膜硝子体外来
・緑内障外来
・角膜外来
・神経・ぶどう膜外来
・小児眼科外来
 

診療日カレンダー

 
診療日についてはこちら