トップページ » 来院者利用ガイド » 各診療科・部等紹介について

病理部


診療科長・部等の長名

 
加留部 謙之輔  KARUBE Kennosuke
              

診療科・部等の紹介

 
 診療内容:病理診断に必須な標本作製を行います。患者さんの病変組織は検査や手術で採取されたのち、ホルマリンという薬液に入れた形で保管されます。病理部ではその病変から診断に必要な箇所を選び出し(切り出し)、3-4マイクロメートルという非常に薄い切片にして(薄切)、顕微鏡で評価できる形にしております。標本の質は診断の質に直結するため、高度な技術が要求されます。