トップページ » 来院者利用ガイド » 各診療科・部等紹介について

リハビリテーション科・部


診療科長・部等の長名

 
大屋 祐輔  OHYA Yusuke
              

診療科・部等の独自HP

 
URL:https://www.ryudai-rehab.com
 

主な対象疾患

 
 主に以下の疾患をもつ入院患者へのリハビリテーションを提供しています。
 運動器疾患(外傷、四肢・関節・脊椎疾患、骨軟部腫瘍の手術後)・循環器疾患(心不全・弁膜症術後)、呼吸器疾患(慢性呼吸不全・肺癌術後)・脳血管・神経疾患(脳卒中・腫瘍・変性疾患)、がん疾患(手術療法・化学療法・放射線療法)、ICU/NICU/EICU疾患、廃用症候群
 

診療科・部等の紹介

 
 沖縄県唯一の大学病院のリハビリテーション研修施設です。
 診療では入院患者を中心に、外科手術、心不全、呼吸、脳血管疾患などの急性期疾患やがん患者の緩和ケア診療など、様々な疾患に対して患者本人にあったリハビリテーション治療を行います。この他、ロボットスーツHAL®を用いたロボットリハビリテーション治療や痙縮治療に対するボツリヌス治療やITB療法も行います。
 検査では神経伝導検査や嚥下造影検査、心肺運動負荷試験(CPX)等を行います。各科診療科と密に連携をとり、抄読会の開催など、最新の医療に応じたリハビリテーションを提供します。
 

特色・得意分野

 
1.運動器疾患:先天疾患や腫瘍摘出術後の四肢機能改善や義肢装具の作製、人工関節置換術後や大腿骨近位部骨折・椎体骨折、その他の外傷に対する早期リハビリテーションを行っております。
2.心血管疾患:心大血管疾患術後のICUでの早期離床・介入から心不全後の耐久性の改善など。入院から生活期を見据えた訓練・環境調整を行っております。
3.呼吸器疾患:慢性呼吸不全の呼吸リハビリテーションや周術期リハビリテーションを中心に、呼吸困難症状の改善と再発予防などを考慮した訓練を行います。脳血管・神経疾患:脳卒中・脳腫瘍術後の早期介入、ロボットスーツHALを用いた機能改善や日常生活・社会復帰を目的とした訓練・神経疾患の進行を遅らせるための訓練などを行っております。
4.がん疾患:「がん」関連の症状や手術・化学療法・放射線療法などの治療に関連した合併症、「がん」の進行に伴う全身状態の変化に対する包括的な診療サポートと患者のQOLを重視したリハビリテーション診療を行っております。
 

診療実績

 
2020年度実績
・心大血管疾患リハビリテーション(5,838件)
・脳血管疾患等リハビリテーション(11,903件)
・廃用症候群リハビリテーション(4,582件)
・運動器リハビリテーション(7,879件)
・呼吸器リハビリテーション(3,924件)
・がん患者リハビリテーション(3,946件)
・COVID19患者へのリハビリテーション(34件)
・ロボットスーツHALを用いた歩行機能訓練回数(606件)
 

専門外来

 
・痙縮治療外来
 

診療日カレンダー

 
診療日についてはこちら