トップページ » 情報告知 » 敷地内の禁煙について

敷地内の禁煙について

 平成19年10月1日から琉球大学医学部附属病院敷地内が全面禁煙となりました。喫煙は肺がんをはじめとする多くのがん、呼吸器疾患、心臓病、脳卒中、妊娠合併症などの多くの病気を引き起こす重要な危険因子であることが明らかになっています。

平成15年5月に健康増進法が制定され、病院などの受動喫煙の防止対策を講じるよう義務付けられ、本院においても、喫煙場所を指定するなどの対策を講じて参りました。

このたび、受動喫煙の防止だけではなく、さらに皆様の健康を守るという考えから、建物内のみならず、玄関、駐車場、道路を含めて附属病院敷地内を全面禁煙とすることになりました。

この措置は、患者さんのみならずご家族およびお見舞いの方々、タクシー運転手や業者の方々、病院職員すべての人が対象となっております。

敷地内全面禁煙
nosmoking
琉大病院は平成19年10月1日より敷地内全面禁煙となりました。
ご理解とご協力をお願い致します。

安全衛生委員会委員長
附 属 病 院 長