トップページ » PET検診 » 最新鋭のPET診断装置

PET検診

最新鋭のPET診断装置

琉球大学医学部附属病院のPETがん検診はいたみがなく、
最先端のPET診断装置で全身*を見ることができます
*…全身というのは頭部から足の付け根までとなります

PET/CT装置

ドイツSIEMENS社製のBiograph mCT

高分解能化PSF法と高コントラスト化time-of-flight(TOF)法を備え、全視野にわたって2mmオーダーの均一な分解能と従来PET画像に比べて約4倍のコントラスト向上を実現したため、視野全体にわたり画像の歪み・ぼけを抑え、より高画質な画像を取得できます。より短時間で検査を行うことができるのが特徴です。

さらに、78cm開口径のため、閉所の不安を軽減し快適な検査が出来ます。

PET画像による各種がんの症例: