検査・輸血部 部長

前田 士郎

 

新時代の次世代医療に貢献するために
 
 
初代部長外間政哲教授、2代目部長山根誠久教授の後を継ぎ3代目を拝命してから、はや7年が経過いたしました。新型コロナウイルス感染症は、今なお猛威をふるっており、我々医療に従事するものにとっても困難な日々が続いております。日本だけでなく世界中が奮闘している最中でありますが、沖縄県民をはじめ皆様におかれましてはくれぐれもご自愛頂きますよう、心よりお願い申し上げます。
 
さて当検査・輸血部は2017年に国際標準化機構臨床検査室認定ISO15189を取得し、この認定によりさらに精度の高い検査・輸血業務に取り組んで参りました。まだまだ試行錯誤を繰返しておりますが、臨床現場のスタッフの皆様さらには患者様のご意見を頂きながら、より良い検査・輸血部となるべく日々努力をしていきたいと存じます。本年は日本医療検査科学会第35回春季セミナーを那覇市において主催いたしました。テーマを「プレシジョンメディスン時代の臨床検査」とし、次世代医療の象徴である人工知能(AI)や検査の自動化に焦点を当てた内容で現地とWEB配信を活用し好評のうちに無事開催することができました。今後も、日々の日常臨床とともに数々の学術活動を通じて検査技術の発展に貢献できるよう精進していく所存でございます。
1昨年にはがんゲノム医療が本格的に開始され、今後はプレシジョンメディスン、ゲノム医療等新時代の次世代医療推進がさらに加速すると思われます。琉球大学病院検査・輸血部も「新時代の次世代医療」の構築のために、さらなる貢献をしていきたいと存じます。どうか、今後ともご指導ご鞭撻の程何卒よろしくお願い申し上げます。
 
令和386
 
 

検査・輸血部 技師長

山内 恵

 

琉球大学病院 検査・輸血部のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。また、日頃より当検査・輸血部にご理解、ご協力を賜り心よりお礼申し上げます。
 
臨床検査部門では、診療に欠かすことのできない情報である「検査結果」を正しく、より速く届けるために検査スタッフが一丸となって日々の検査業務に取り組んでおります。我々の果たす役割が“患者さん一人一人の生命と繋がっていること”を意識しながら、責任と誇りをもって臨床検査に携わっております。
 
当検査・輸血部は、201712月にISO15189に基づく臨床検査室認証を取得し、国際的にも通じる検査室として“精度が保証された質の高い検査”を提供できるよう、継続的に様々な活動を進めております。「信頼できる検査」「安心できる検査」を提供できるよう、臨床の先生方、患者さん、臨床検査を利用する全ての人が満足できる検査室を目指し、今後も努力を続けていきたいと考えております。
 
また、大学病院にある臨床検査部門として「診療」・「教育」・「研究」の3つの使命を果たせるよう、検査業務に加えて、医療人育成のための教育活動、新たな知見の探索や技術の開発などの研究活動にも積極的に取り組んで参ります。これらの活動成果が臨床検査医学の発展に貢献できることを期待したいです。また、各検査部門には認定資格を取得した技師が数多く在籍しており、専門性のより高い知識と技術をもって、これらの活動に大きな力を注ぐものと確信しております。
 
「患者さんの立場に立って、考え、動く臨床検査室」であることに加え、「変化する医療に対応できる臨床検査室」となるよう日々精進して参ります。
 
今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
令和28