Top 2020.4.pngTop 2020.4.png

生化学トップ用 - コピー.png

生化学検査室.jpg

<生化学・免疫血清検査室>

この部屋では、主に患者様から採取した体液検体(血液、尿 など)の様々な成分を測定しています。外来患者様、病棟患者様から一日に様々な検体で提出されるため、非常に多数の検査を行っています。

遠心機.jpg遠心.png

査室で受け取った検体は、そのまますぐに測定するわけではなく、写真のような遠心機というものを使って、血液の成分を分離させて検査に用いたりしています。測定する項目によって様々な前処理作業を行っています。


↓検査室で行っている検査を抜粋して簡単に紹介します。

 

<生化学的検査>

BM写真.jpgケツガス 写真.jpg

生化学検査とは、血液中に含まれている様々な成分を分析して病気の診断、治療の判定などに利用します。主に、それぞれの要素だけではなく、複数の検査の組合せで診断します。また、特徴として調べる臓器によって検査項目が異なります。


例えば・・・
肝臓が障害を受けてしまう病気では、肝臓に多く存在する酵素 AST・ALTが血液中に漏れ出すため、血液検査で測定値が上昇します。

【主な測定項目】
蛋白・膠質検査:TP, ALB, A/G, 蛋白分画, TTT, ZTT
低分子窒素化合物:クレアチニン, 尿酸, 尿素窒素, シスタチンC, アンモニア, BTR
生体色素関連物質:総ビリルビン, 直接ビリルビン
酵素・関連物質:CPK, CK-MB, AST(GOT), ALT(GPT), LDH, ALP, γ-GTP, CHE, LAP, AMY, P-AMY, CPKアイソザイム, LDHアイソザイム, ALPアイソザイム
電解質:NA, K, CL, Ca, IP, Mg
脂質・関連物質:中性脂肪, 遊離脂肪酸, 総コレステロール, HDLコレステロール, LDLコレステロール, 胆汁酸, リポ蛋白分画, コレステロール分画
生体微量金属:血清鉄, 不飽和鉄結合能, 血清銅, 血清亜鉛, フェリチン
糖質・関連物質:グルコース(血清・血漿), グリコアルブミン
有機酸:ピルビン酸, 乳酸

 

<免疫検査>

ARCHITECT 写真.jpg

<感染症検査>

B型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルス、HIV、などのウィルス感染症の検査を行っています。ヒトの体にウィルスが入ると、ウィルスは人に害のあるもの(抗原)を産生します。人間はそれに対して攻撃するもの(抗体)を産生します。血液中にある抗体や抗原をここでは測定しています。
輸血前後や手術前に感染の有無を確認したりするときにも行われる検査です。

【主な測定項目】
HBs-Ag, HBs-Ab, HBe-Ag, HBe-Ab, HBc-Ab, HBc-IgM, HAV-IgM, HCV-Ab, HCV-Ag,
HIV-Ag/Ab, HTLV-1(定性・定量)

抗サイトメガロウィルス抗体(IgG, IgM), 抗単純ヒトヘルペスウィルス抗体(IgG, IgM), 抗水痘ウィルス抗体(IgG, IgM), 抗EBウィルス抗体(IgG, IgM), 抗麻疹ウィルス抗体(IgG, IgM), 抗風疹ウィルス抗体(IgG, IgM), 抗トキソプラズマ抗体(IgG, IgM)

<血中薬物濃度検査>

使用している薬の種類によっては、体の中にどのくらい薬が滞在しているか細かくコントロールする必要のあるものがあります。そういった薬の血液中の濃度を測定しています。

【主な測定項目】
ジゴキシン, バンコマイシン, フェニトイン, フェノバルビタール, カルバマゼピン, バルプロ酸,
リチウム, シクロスポリン, タクロリムス, メソトレキセート


モジュラー写真.jpgプレスト写真.jpg

<内分泌(ホルモン)検査>

ホルモンとは内分泌腺でつくられて血液中に放出されます。ホルモンはそれぞれが作用する組織に行き、体の中を正常な状態に保とうと働いている化学伝達物質です。
血液中のホルモン濃度を調べて異常がないかを調べる検査です。またそのホルモンを調節する種々の内分泌関連項目の測定も行っています。

【主な測定項目】
甲状腺関連:TSH, FT4, FT3, TRAb, TgAb, TPOAb
副甲状腺関連:PTH-インタクト
副腎皮質ホルモン:コルチゾール
性腺関連:E2, PROG, HCG, PRL, LH, FSH
成長ホルモン:GH
膵・消化管ホルモン:インスリン, Cペプチド(血中・尿中)
心臓関連:NT-proBNP, TNT-hs

サイトカイン:可溶性IL-2レセプター


<腫瘍マーカー検査>

名前の通り、腫瘍の存在に関連し産生され、腫瘍の診断や経過観察に役立つ物質のことです。ただし、腫瘍細胞からでなく、正常な細胞からも産生されている物質もあり、腫瘍マーカーが陽性だからと言って必ずしも腫瘍があるということではありません。お医者様が様々な検査を用いて総合的に判断しています。


【主な測定項目】
CEA, AFP, CA125, BCA225, CA19-9, SCC, PSA, PIVKA-Ⅱ, NCC-ST-439, CYFRA

イムライト写真.jpgBEP 写真.jpg

<アレルギー検査>

アレルギーとは、ある特定の物質に対して体が排除しようと過剰に反応してしまい、かえって体に有害となってしまう状態のことを言います。アレルギーの原因になるものは個人によって異なります。その原因が何かを探るためにアレルギー検査を行います。



【主な測定項目】
ヤケヒョウヒダニ, コナヒョウヒダニ, ハウスダスト, アスペルギルス, カンジダ, ネコのふけ, イヌのフケ,
ゴキブリ, ユスリカ(成虫), スギ, カビ, セイバンモロコシ, ハンノキ属, マツ属, 卵白, 牛乳, 小麦, エビ, カニ

<自己抗体検査>

人間は本来体に害のあるものが侵入してきたら、それに対する攻撃手段として抗体を産生します。しかし、中には体の免疫状態のバランスが崩れ、自分の体の中にある細胞などに対して誤って抗体を作ってしまうことがあります。この抗体のことを自己抗体と呼んでいます。
自己抗体は体にとって悪影響を及ぼすことがあるので(自己免疫疾患を引き起こす)、どのような自己抗体を作っているかを調べる検査を行っています。

【主な測定項目】
抗核抗体(間接蛍光抗体法), 抗ssDNA抗体, 抗dsDNA抗体, リウマチ因子, MMP-3, 抗SS-A抗体, 抗SS-B抗体, 抗セントロメ抗体, 抗RNP抗体, 抗Sm抗体, 抗Scl-70抗体, 抗Jo-1抗体, 抗カルジオリピンIgG抗体, 抗CL-β2GPI抗体, 抗CCP抗体, PR3-ANCA, MPO-ANCA

(抗核抗体:間接蛍光抗体法の染色像例)
細胞核の染色像の違いによって、どのような自己抗体が存在するかを予測することができます。
ANA 2.jpg


 

<血液凝固機能検査>

CS2100 写真.jpg
【測定項目】
APTT、プロトロンビン時間、へパプラスチンテスト、フィブリノーゲン、FM、FDP、D-ダイマー、アンチトロンビンⅢ、α2PI、各凝固因子活性



【主な検査意義】
凝固検査では、体の中での血液を固める機能を調べる検査です。
この機能が働いていない人は血液が止まりにくくなります。出産や手術の前にはこの検査を行って異常がないかをあらかじめ確認します。
また、血液をサラサラにするお薬を飲んでいる方は、薬の効果を知るためにもこの検査を行います。